葉酸サプリメントの事どれくらいご存知ですか?

最近、注目されている葉酸サプリ

葉酸サプリメントの事どれくらいご存知ですか?

最近話題のサプリメントで、葉酸サプリメントがあります。 とても注目されている栄養素で、特に妊活中や妊婦さんに強くお勧めしたいサプリメントです。

葉酸は通常の食事ではなかなか摂取しにくい栄養素ですが、赤ちゃんにとっては大変重要な栄養素になるのです。 そのため、お母さんは体に十分な葉酸を蓄えておくことが必要になります。

お母さんの体に葉酸が必要な理由は、赤ちゃんが細胞分裂をする段階で、大変重い障害が起こる可能性があります。 それを軽減してくれる栄養素が葉酸であるため、多くの方が葉酸サプリメントを利用しているようです。

欧米などではパンやシリアルなどに葉酸が添付されているものがあります。 これは葉酸不足に対する対策で、このような状態なら通常の食事からも葉酸の摂取量が多くなるようになりますね。

しかし現在の日本では、そういった食品が作られていないため、 葉酸を十分に摂取するには、健康補助食品である葉酸サプリメントを利用する方法がメインとなっています。

葉酸サプリメントと一口に言っても種類は様々です。 葉酸サプリメントの詳しい成分を見ていくと、「モノグルタミン酸型葉酸」と「ポリグルタミン酸型葉酸」があります。
葉酸サプリの森~妊婦・赤ちゃんのための情報サイト

食事から摂取する葉酸の種類がポリグルタミン酸型葉酸で、 ほとんどのサプリメントに配合されているのがモノグルタミン酸型葉酸です。

では、サプリメントに頼りすぎてしまう場合はどうなるでしょう。 サプリメントだけに頼って摂取していると、栄養が偏ってしまいます。 サプリメントを利用しているからと、通常の食事をおろそかにいても良いというわけではありません。

そして、サプリメントを摂取しすぎた場合も、副作用などが出てきます。 あまり安いサプリメントを購入するのも気になるところです。 安かろう悪かろうでは、サプリメントを利用する意味がありませんね。

このように葉酸サプリメントは、通常の食品では摂取できない分をサプリメントで補うという考えで利用すると、 体にも赤ちゃんにも大変良い効果がありますよ。
北海道病院 | 地域医療機能推進機構


葉酸をサプリで摂るメリットとデメリット

葉酸は様々な食材にも含まれている栄養素です。 そのため、栄養バランスの整った食事を取れている方は葉酸サプリが必要ないと感じてしまうこともあるかもしれません。

ですが、厚生労働省などからも葉酸サプリから葉酸を摂取するように推奨されているのです。 もちろんこれには理由があります。

そこで、葉酸をサプリから取り入れるメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

まずメリットとして挙げられるのが、サプリの方が体内吸収率が高いということ。 食材から取り入れられる葉酸は吸収率が低いため、仮に葉酸が50μg含まれている野菜類を食べたとしても、50μgの葉酸の摂取には繋がりません。

それに対し、サプリは体内吸収率が85%となっているため、大部分を効率よく吸収できるのです。

それから、つわりがひどい時期には思うように物が食べられなくなってしまう方も多いのですが、サプリであれば無理なく取り入れることができるでしょう。 食欲がなくてもサプリであれば何とか飲むことができますよね。

それに、葉酸サプリの中には葉酸以外にも様々な栄養素が含まれているものもあるため、そういったものを選べば手軽に多くの栄養素が摂取できます。

「それでも葉酸サプリは高いものが多いし、できることなら食事から葉酸を摂取したい」という方もいるかもしれません。 ですが、サプリで取り入れられるのと同じような量の葉酸を食事から摂取しようと思った場合、かなりの量を食べなければならないのです。

結果的に葉酸サプリを取り入れた方が食費も抑えることに繋がるでしょう。

次にデメリットについてですが、添加物が入っている葉酸サプリの場合、胎児への影響が心配されます。 この問題をクリアするためには添加物が含まれていないものを選択することが重要です。

また、錠剤が苦手な方にとっては葉酸サプリを飲むのがストレスに繋がってしまうかもしれません。 この場合は、粒が小さくて飲みやすい葉酸サプリを選択すると良いでしょう。

葉酸は妊活中や妊娠中の方にとって欠かせない栄養素であるため、しっかり取り入れていくことが大切です。

妊娠してから葉酸サプリを飲んでも遅い?

葉酸サプリは妊娠の1ヶ月以上前から取り入れていくのが理想だとされています。 積極的に妊活をしているという方の場合、妊娠前から意識して取り入れている方が多いようですが、中には気づいたら妊娠していたという方もいますよね。 その場合、妊娠の1ヶ月以上前から葉酸を取り入れられなかったという方も多いはず。

では、妊娠が分かってから葉酸サプリを取り入れる意味はないのでしょうか。

まず、葉酸を取り入れるタイミングとして、最も重要であるとされているのが妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月にかけての時期です。 なぜこの時期が重要かというと、妊娠の初期には胎児の体の中でも特に重要な組織や細胞が作られる時期であるからということが関係しています。

この時期に胎児の成長をサポートする葉酸を取り入れておくことにより、神経管閉鎖障害というもののリスクを避けることができるのです。

言い換えてしまうと、妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月の段階で葉酸が取り入れるなかった場合、そのあとに葉酸サプリを飲み始めたとしても、神経管閉鎖障害のリスク低減には繋がりません。

ただ、妊娠3ヶ月目以降に妊娠がわかったとしても、その後葉酸サプリを取り入れる意味が全くないというわけではないのです。 葉酸は血液を作る上でも欠かせない栄養素であるため、妊娠中の体にとって重要な栄養素ともいえます。 妊娠中は赤ちゃんに豊富な栄養素を送るためにたくさんの血液を必要とするため、葉酸を取り入れてそれをサポートしてあげる必要があるのです。

また、妊娠中期以降も一日に480μgの葉酸の摂取が推奨されているのですが、食事のみでこの量を取ろうと思ったらとても大変な話だといえるでしょう。

そのため、妊娠中期以降も葉酸サプリを上手に取り入れて一日400μgの葉酸を摂取していくことが重要になります。

妊娠の初期には胎児の先天性奇形の防止につながり、中期以降からは胎児の成長をサポートするために重要な栄養素であるため、サプリメントを活用して不足することがないようにしましょう。