助産師が行える助産行為と業務

助産師が行える業務の範囲について

助産師が行える助産行為と業務

助産師のお仕事というと「妊婦さんのお産に立ち会い、赤ちゃんを取り上げること」といったような、映画や小説などでよく見られる光景をイメージしますよね。しかし、実際には助産師が単独で行うことができる助産行為には、ある程度の基準が設けられています。

例えば、出産時に臍帯を切るといった行為は、一見すると医療行為に見えますが、法律の規定に則った助産行為として認められているため、助産師資格を持つ方に許された行為です。とはいえ、多くの助産行為についての規定は、未だ法律でも明文化されていない部分が多く、その場の状況や助産師の判断に委ねられているところも多いと言われています。

とはいえ、助産師がどんな分娩にも単独で立ち会えるかというとそうではありません。助産師が単独で行うことのできる助産行為は「正常分娩のみ」と制限されているからです。この正常分娩を判断する範囲には、妊娠期間も含まれるため、もし妊娠期間中に異常が見られた場合には、助産院では対応できないため、医師のいる産婦人科での出産となります。

また、当然ですが、助産院での分娩中に異常が起きた場合にも、速やかに病院などの医療機関へ連絡することが義務付けられています。

近年、病院よりもコミュニケーションが取りやすく、安心して出産ができると注目されている助産院ですが、妊婦側からみれば、利用にはある程度のリスクが伴うという一面があります。健康で妊娠期間中に全く異常がなかった場合には、助産院で正常分娩を行うことが可能ですが、万が一の際には、助産師では対応できない場合があります。こういったリスクを妊婦の方に分かりやすく説明するのも、助産師の大切な仕事の一つです。

最近は、助産師の活躍の場は助産院に限らず、規模の大きな産婦人科病院などにも広がっていますが、こういった病院における助産師の仕事は、看護師の業務と共通しているケースが多く見られます。そのため、助産師として就職・転職を行う場合には「助産師として活躍したいのか」「助産師資格を活かして産婦人科で看護師業務を行いたいのか」といった部分を明確にすることが重要となります。

こういった部分を明確にできたなら、数多く存在する助産師求人の情報を振り分けるために、転職支援サービスを利用すると良いでしょう。こういったサービスは、働き方による検索を行うこともできますし、勤め先によって求人情報を振り分けることもできて、非常に便利ですよ。