妊活中はどのように葉酸サプリを取り入れればいい?

妊活中の葉酸サプリの取り入れ方について

妊活中はどのように葉酸サプリを取り入れればいい?

妊活中の葉酸サプリの取り入れ方についてですが、妊娠中とはどのように違うのでしょうか。 まず、なぜ妊活中に葉酸サプリを取り入れなければならないのかというと、葉酸が赤ちゃんの細胞分裂や成長において欠かせない栄養素だからです。

葉酸は神経管閉鎖障害のリスクを低減させるためにも重要な役割を持っています。

赤ちゃんにとって重要な細胞や器官は妊娠初期のうちに作られるのですが、妊娠を自覚するような体調の変化が見られるのはある程度赤ちゃんの成長が進んでからのことです。 そのため、妊娠がわかってから慌てて葉酸サプリを飲んだとしても神経管閉鎖障害のリスク低減には繋がりません。

だからこそ、妊活中の段階から葉酸サプリを取り入れていくことが重要です。

具体的にどのように取り入れればいいのかについてもご紹介しましょう。 これは通常の食事から摂取できる要素に加え、一日に400μgの葉酸をサプリから摂取するように推奨されています。

葉酸は食材にも含まれている栄養素であるため、サプリメントを取り入れなくても食事から大量の葉酸を摂取すれば良いのでは?と考える方もいるかもしれません。

しかし、例えば葉酸が豊富に含まれているとして有名なほうれん草で400μgもの葉酸を取ろうと思った場合、茹でたほうれん草で換算すると1.5kg分も食べなければならないのです。

毎日これだけの量を継続して食べていくのは非常に大変なことですよね。 人によっては不可能ではないかもしれませんが、妊活中に必要とされる栄養素は葉酸のみではありません。 食事で葉酸を摂取することばかりに集中してしまうとその他の栄養素が不足してしまう可能性もあるため、食材からの摂取にこだわらず、サプリメントも取り入れていくことが重要なのです。

こういったこともあり、厚生労働省からは「通常の食事のほかに栄養補助食品などから一日に400μgの葉酸を摂取すべき」と推奨されています。

これは食事から摂取できる葉酸では不足しがちであるということを表しているため、妊活中の方が自分に合った葉酸サプリを探し、継続して取り入れていきましょう。