助産師に向いている人、適性のある人

助産師に向いている性格って?

助産師に向いている人、適性のある人

医療の現場において、助産師は特に特殊な職業だと言えます。医療現場に訪れる多くの人は、病気やケガで苦しみ悩む患者さんですが、助産師が対応するのはそういった人々ではなく、妊婦さんです。妊娠は病期ではありませんが、妊娠していない時と比較しても心身の変化が起こりやすく、ある意味、病気よりも注意すべき点が多々あります。

そのため、助産師は助産行為のみならず、妊婦さんに対して非常に様々な心配りをし、出産前後に細やかなケアを行う必要があります。そして、こういった繊細で心を込めた対応が重要となる助産師という職業には、やはり「向いている人、適性のある人」というものが存在します。

まず、助産師に必要となるのは、人の命を向き合うことのできる強い精神力です。助産師の仕事を志す方の多くは「赤ちゃんや子供が好きだから、赤ちゃんの誕生に立ち会える仕事がしたい」という想いを抱いているとされますが、そういった想いだけでは助産師としては不十分です。

当然「赤ちゃんが好き」ということも助産師にとって重要な要素であり、適正でもありますが、それに加えて「人の命に真摯に向き合える精神力」が欠かせないのです。なぜならば、出産にあたっては、必ずしも幸せな誕生が約束されたものではないためです。

「生命の誕生」という尊く神秘的な瞬間に立ち会うことのできる助産師の仕事は、大変素晴らしくやりがいのあるものです。しかし、残念なことではありますが「生命の誕生」はいつも幸せな場面である訳ではなく、時に悲しく、やるせない思いを経験することもあるのです。そういった不幸な場面に遭遇した時でも、自分の責任を果たす。そういった強い精神力は、助産師には不可欠です。

また、出産は妊婦さんにとっても、助産師にとっても大変体力を消耗するものです。いつ始めるともしれない出産を根気よく待ち、陣痛が始まれば長時間それを見守る。助産師は妊婦さんに付き合って、長い緊張感を味わいながら出産へ立ち会わねばならず、心身共に疲弊することも少なくありません。

このように、助産師には強い精神力と確かな体力が求められますが、なによりも必要とされるのはやはり「やわらかく温かな心」です。妊婦さんの心身の変化や悩みをケアし、出産前後の環境を整えてあげるためには、やはり妊婦さんの声に優しく耳を傾け、優しく対応できる温かな心が必要です。

こういった自分に対する厳しさと、他人に対する優しさを兼ね備えた人こそが、助産師に向いてると言えるでしょう。