助産師不足の現状とその理由

助産師不足解消のカギは潜在助産師の存在です!

助産師不足の現状とその理由

助産院の数が減少しているので助産師の活躍の場は、主に一般病院の産科になりつつあります。 産科以外でも求人情報があるようですで募集も行われていますが、やはりメインとなるのは助産師が内診をする業務が中心になっています。 ここでは、助産師不足の現状とその理由についてご紹介いたしましょう。

もともと助産師の資格があれば助産行為を行うことが認められています。 新生児を助産師がとりあげることもできます。 しかしながら、いろいろな事情があり簡単にはいかない医療現場もあるように聞きます。

助産師資格を持っている人数も実際に仕事をしている人数も保健師や看護師と比較すると圧倒的に少ないです。 病院など各医療機関では助産師を確保するために躍起になっているのが現状です。 このように助産師が不足している現場においては、看護師や准看護師が違法という認識がありながら内診をしなければならいというジレンマもあり助産師不足は非常に深刻化しているようです。

同時に助産師が活躍できる現場そのものが少なくなっていることも、近頃の助産師不足に拍車をかけているのでしょう。 その大きな原因となっているのが「産科における訴訟問題がすごく増えてきたためである」と指摘されています。

出産する場合の医療事故が意外に多いという事実があり訴訟になることが急増したのです。 こういったリスクを抱えることを嫌がった病院は産科をなくしてしまうという対応をとりました。 産科を開設したり開業していることのリスクがあまりにも高いからです。

出産は病気ではありません。 全てが医師の責任であるとされること自体が本来はおかしいです。 ですが「何かあれば人の責任にしてしまう」という現代人の悪い側面がこういった方向へ向かわせてしまったことは否めません。

このようなさまざまな社会的背景の下に助産師の本来の居場所が奪われてしまい助産師は影を潜めてしまうようになりました。 以上、助産師不足の現状とその理由についてご紹介いたしました

けれども、本当に助産師の力を必要として活躍できる職場を提供してくれる病院もあるのも事実です。 この状況が続けばますます少子化が進んでいきますし、助産師が本来のあるべき姿を取り戻して活躍するには環境の整った現場が必要ではないでしょうか。