助産師の現場での仕事内容と役割

助産師の活躍の場は沢山あります!

助産師の現場での仕事内容と役割

新しい生命を誕生させる瞬間――自身の手で赤ちゃんを取り上げることができ、その瞬間に立ち会え感動を得ることができる助産師の仕事は素晴らしいと思います。 けれども、出産という感動に毎回立ち会える一方で「死産」「流産」の厳しい現実を突きつけられるシーンもあります。

ここでは、助産師の現場での仕事内容と役割をご説明いたします。

「正常な出産の介助」が助産師の主な仕事になりますが、それ以外には妊婦さんや産婦さんの話に耳を傾けて不安を取り除くことも重要な役割です。 具体的には「出産を迎えるまでの妊婦の心身のケア」「妊娠中の定期健康診断」「妊婦さんの相談事や出産後の新生児の育児の相談に乗る」があります。

また「出産までの血圧や腹囲の計測する」「子宮の大きさや胎児の状態を観察・記録する」「出産に至るまで妊婦の心身とも両方のサポートをする」こともあります。 精神的にも肉体的にも万全な体制で出産できるように準備し助産行為を行うのです。

無事に出産した後は母親が新生児のお世話をひとりでもこなせるように育児指導やアドバイスをします。 産後には母親の心身のバランスが崩れないように観察し見守ることも大切な役割になります。 さらに、妊娠・出産・育児の範囲のみならず女性をトータルにサポートすることも大切です。

単純に女性を妊娠・出産する性としてだけで考えるのではありません。 女性自身が自分の体について間違いのないように理解するように指導する力も要求されます。 助産師は出産に限らず母親と赤ちゃんに安心を提供することも意識しなければならないです。

次に助産師の職場についてご紹介しておきます。 現在、大部分の助産師は病院での勤務が中心になってきています。 その中で助産師は正常な出産に対応し、異常な出産の場合は医師の指示に従うようになっています。

助産所に勤務する助産師もいますが助産所利用は一時期減少がみられました。 しかし最近では「アットホームな雰囲気で出産したい」と考える人たちも多くなり見直されつつあります。 それ以外では「保健所」や「母子保健センター」で活躍する助産師もいますが全体的には少数です。

以上、助産師の現場での仕事内容と役割をご説明いたしました。 総体的にみると、助産師は医師や看護師などの医療職と連携して勤務することが中心になっています。